PostgreSQL関数一覧

PQsetdbLogin データベースの接続
PQsetdb データベースの接続(古いプログラムの互換性を持たせる為)
PQconnectdb データベースの接続(この方法がお勧めらしいです)
PQconndefaults 接続オプションのデフォルト値を返す
PQfinish PGconn オブジェクトのメモリ開放を行う
PQreset コミュニケーションポートをリセットを行う
PQdb データベース名を返す
PQuser ユーザ名を返す
PQpass パスワードを返す
PQhost サーバホスト名を返す
PQport ポート番号を返す
PQtty デバッグ用 tty を返す
PQoptions バックエンドオプションを返す
PQstatus ステータスを返す
PQerrorMessage エラーメッセージを返す
PQbackendPID プロセス ID を返す
PQexec クエリーを発行し、その結果を待つ
PQresStatus ステータスコードからコードを説明する文字列定数に変換する
PQresultErrorMessage エラーメッセージを出力
PQntuples レコード数(タプルの数)を返す
PQnfields フィールド(属性)の数を返す
PQbinaryTuples データの種類を判別する
PQfname フィールド(属性)のインデックスに対応するフィールド名を返す
PQfnumber フィールド(属性)の名前に対応するフィールドのインデックスを返す
PQftype  
PQfsize フィールドのサイズをバイト数で返す
PQfmod データ型固有の修飾データを返す
PQgetvalue フィールドの値を返す
PQgetlength フィールドの長さをバイト数で返す
PQgetisnull フィールドが NULL であるかどうかテストする
PQcmdStatus SQL コマンドからコマンドステータス文字列を返す
PQcmdTuples SQL コマンドの実行によって影響を受けた行数を返す
PQoidStatus  
PQprint  
PQprintTuples  
PQdisplayTuples  
PQclear PGresult に割り当てられた記憶領域を開放する
PQmakeEmptyPGresult 空の PGresult オブジェクトを生成する
PQsendQuery クエリーを発行し、結果を待たずプログラムを実行する 
PQgetResult 結果を取り出す 
PQconsumeInput
PQisBusy  
PQsocket 接続ソケットに対するファイルディスクリプタ番号を返す  
PQrequestCancel クエリ発行を中断するよう要求する 
PQfn 近道」を使ってバックエンドの関数実行を要求する 
PQgetline ブロックに分割されずにデータを受信する。
PQgetlineAsync PQgetlineAsyncと同じ機能(?) 
PQputline NULL 終端の文字列をバックエンドサーバに送信する 
PQputnbytes あるバイト数をバックエンドサーバに送信する 
PQendcopy バックエンドがコピーを完了するのを待つ 
PQtrace フロントエンド-バックエンド間の通信トレースを開始し、デバッグ用のファイルストリームに書き出す 
PQuntrace フロントエンド-バックエンド間の通信トレースをトレースを停止します
PQsetNoticeProcessor  
fe_getauthname  
fe_setauthsvc

コメントする