無線LAN b43/ucode15.fw b43-open/ucode15.fwをDebianにインストールする方法

b43-open/ucode15.fwのドライバが必要というメッセージが表示され、Debianのインストールを行った。
インストール作業は以下の通りです。

echo "deb http://http.debian.net/debian/ wheezy main contrib non-free" >> /etc/apt/sources.list
# apt-get update
# apt-get install firmware-b43-installer
# echo options b43 pio=1 qos=0 >> /etc/modprobe.d/local.conf
# modprobe -r b43 ; sudo modprobe b43

参考にしたサイトはhttps://wiki.debian.org/bcm43xxです。

TeraTermでFreeNASにアクセスして日本語表示の文字化けを回避する方法

参考にしたサイトは以下のURLです。
teketeke_55の日記
http://teketeke55.hatenablog.com/entry/2012/11/13/155737

USBメモリを書き込みできるようにする。

# mount -uw /

viで.cshrcを編集
環境変数LC_CTYPEとLANGをja_JP.UTF-8にする。もしない場合は、追加する。

# vi .cshrc
setenv  LC_CTYPE ja_JP.UTF-8
setenv  LANG     ja_JP.UTF-8

USBメモリを読み込み専用に変更する。

# mount -ur /

PHPでOracleDBにアクセスする方法

PHPでOracleDBにアクセスする場合、OracleのOracle Database Instant Clientをインストールする必要がある。

ダウンロード先は以下のURLです
http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/features/instant-client/index-352321-ja.html

そこからinstantclient-basic-nt-12.*.*.*.*.zipのファイルをダウンロードする。(Windowsの場合)
解凍して適当なところに格納する。

その後、環境変数のPATHを変更する。格納したフォルダ名を追加する。

PHPのphp.iniを変更する。
;extension=php_oci8.dll
extension=php_oci8.dll

完了後再起動を行うこと。再起動しないと反映されない。

Oracleはライセンスが非常に高いので、業務に利用するには難しいが、勉強程度に触ってみることにする。