FreeNAS 9.2.1.9 アップデート情報

2014/11/19 FreeNAS 9.2.1.9 アップデートされました。

バグFIXは以下の通りです。

・Fix a bug preventing Directory Server mode from working.
・Fix a memory leak in ZFS that is triggered by having a compressed dataset and an L2ARC device.
・Preserve the Samba SID across reboots and upgrades.
・Fix two problems in the config file generator for CTL:
Unbreak device extents when using physical devices or multi path devices.
Unbreak the case when target auth or discover auth is set to Auto.
・Fix a priviledge escalation issue.
・Save debug now includes the output of zpool history.

もう少しで9.3にアップデートされそうです。

FreeNASのZABBIX自動起動方法

多くの人はFreeNASのブートをUSBで行っていると思います。
通常、起動するとすべて初期化されインストールされたZABBIXは再度インストールしなくてはいけません。

再起動毎に再インストールするのはさすがに面倒なので、自動起動できないか調査した。
するとNAS4FreeでZABBIXを入れている方がいました。それを参考にしてます。
http://www.slideshare.net/YoshihitoHorigome/nas4-freezabbix-agent

zabbix2.shファイルを作成する。

#!/bin/sh

# Valiable
ZBX_CONF=/usr/local/etc/zabbix2/zabbix_agentd.conf
ZBX_RC=/usr/local/etc/rc.d
ZABBIX_SERVER_IP=$(LANG=C /sbin/ifconfig | grep 'inet addr' | grep -v 127.0.0.1 | awk '{print $2;}' | cut -d: -f2)
SERVER_NAME=`hostname`

# add Zabbix-agent
/usr/sbin/pkg_add -r zabbix2-agent

# copy configure
/bin/cp ${ZBX_CONF}.sample ${ZBX_CONF}

# Value reWritable
sed -i '' -e 's/Server=127.0.0.1/Server='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF}
sed -i '' -e 's/ServerActive=127.0.0.1/ServerActive='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF}
sed -i '' -e 's/Hostname=Zabbix\ server/Hostname='${SERVER_NAME}'/' ${ZBX_CONF}
sed -i '' -e 's/\#\ EnableRemoteCommands=0/EnableRemoteCommands=1/' ${ZBX_CONF}

# auto start config
echo "zabbix_agentd_enable=\"YES\"" >> /etc/rc.conf

# Zabbix agent start
${ZBX_RC}/zabbix_agentd start

ZABBIX_SERVER_IPは固定にしたほうがいいかもしれません。

ZABBIX_SERVER_IP=192.168.1.1

ではこのファイルどこに置けばいいのか?
そこまでは記載されていなかったので、いろいろ調べた結果。

# mount -uw /
# cd /conf/base/etc/rc.d
# vi zabbix2
編集する。(zabbix2.shと同じ)

# chmod 755 ./zabbix2
# mount -ur /

しかしこれではうまくいかない。起動時USBメモリはread onlyの為、書き込みができない。
その為、fstabのルートをrwにする必要がある。

# vi /conf/base/etc/fstab

/dev/ufs/FreeNASs1a / ufs ro 1 1  #変更前

/dev/ufs/FreeNASs1a / ufs rw 1 1  #変更後

これで再起動すると問題なく起動されるのを確認する。

# ps ax | grep zabbix
3912 ??  I      0:00.00 zabbix_agentd: main process (zabbix_agentd)
3914 ??  S      0:00.07 zabbix_agentd: collector [sleeping for 1 seconds] (zabbix_agentd)
3915 ??  S      0:00.06 zabbix_agentd: listener [waiting for connection] (zabbix_agentd)
3916 ??  S      0:00.07 zabbix_agentd: listener [waiting for connection] (zabbix_agentd)
3917 ??  S      0:00.06 zabbix_agentd: listener [waiting for connection] (zabbix_agentd)
3918 ??  S      0:00.03 zabbix_agentd: poller [sleeping for 1 second(s)] (zabbix_agentd)
4406  0  S+     0:00.00 grep zabbix