FreeNAS HDDのscrubでエラー発生

scrub完了時にエラーメールが来ました。
確認したら、”errors: No known data errors”とメッセージがあったので、問題はないと思います。

Checking status of zfs pools:
NAME     SIZE  ALLOC   FREE    CAP  DEDUP  HEALTH  ALTROOT
test01  8.12T  4.19T  3.94T    51%  1.00x  ONLINE  /mnt

  pool: test01
 state: ONLINE
status: One or more devices has experienced an unrecoverable error.  An
        attempt was made to correct the error.  Applications are unaffected.
action: Determine if the device needs to be replaced, and clear the errors
        using 'zpool clear' or replace the device with 'zpool replace'.
   see: http://illumos.org/msg/ZFS-8000-9P
  scan: resilvered 60K in 0h0m with 0 errors on Sun May 15 00:00:12 2016
config:

        NAME                                            STATE     READ WRITE CKSUM
        test01                                          ONLINE       0     0     0
          raidz1-0                                      ONLINE       0     0     0
            gptid/faf832e4-a8fc-11e3-9d39-485b3982c76e  ONLINE       0     0     0
            gptid/fb764734-a8fc-11e3-9d39-485b3982c76e  ONLINE       3     2     0
            gptid/fbf5d5d7-a8fc-11e3-9d39-485b3982c76e  ONLINE       0     0     0
        logs
          ada2p1                                        ONLINE       0     0     0
        cache
          ada2p2                                        ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

とりあえず下のコマンドでクリアしてます。

# zpool clear test01

FreeNAS USBメモリ故障(起動用)

先日USBメモリが故障して、FreeNASが起動しなくなりました。
このような事が発生することはわかっていたので、バックアップ用のUSBメモリを作成しており、それを刺せば起動して通常通りになりました。

このような事故を起こさないように、バックアップのUSBメモリをちゃんと用意することをお勧めします。

FreeNAS-9.2.0 bsnmpdが異常終了

ZABBIXエージェントが使えない為、監視するためにはSNMPを使うしかなくなった。
そこでSNMPを有効にした。ZABBIXからもすんなりと監視できたのだが、途中でSNMPが動かなくなった。
TELNETでデーモンを見ていると、異常終了しているようだ。

# ps ax | grep snmp
91366  0  S+        0:00.00 grep snmp

Web UIからのbsnmpd起動とコンソールからの起動では違っているようで、とりあえずコンソールから起動して監視してみた。

# /etc/rc.d/bsnmpd start

これで異常終了しなくなればいいのだが…

FreeNASのZABBIXのpkg_addがうまく動作しない

FreeNASで自動起動しているZABBIXがどうも動作しない。
再起動したときにインターネットからダウンロードできないようだ。
手動で確認したら以下のメッセージで中断されました。

# /usr/sbin/pkg_add -r zabbix2-agent
Error: Unable to get ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.2-release/Latest/zabbix2-agent.tbz: File unavailable (e.g., file not found, no access)
pkg_add: unable to fetch 'ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.2-release/Latest/zabbix2-agent.tbz' by URL

portsからうまくダウンロードできないようです。

TeraTermでFreeNASにアクセスして日本語表示の文字化けを回避する方法

参考にしたサイトは以下のURLです。
teketeke_55の日記
http://teketeke55.hatenablog.com/entry/2012/11/13/155737

USBメモリを書き込みできるようにする。

# mount -uw /

viで.cshrcを編集
環境変数LC_CTYPEとLANGをja_JP.UTF-8にする。もしない場合は、追加する。

# vi .cshrc
setenv  LC_CTYPE ja_JP.UTF-8
setenv  LANG     ja_JP.UTF-8

USBメモリを読み込み専用に変更する。

# mount -ur /

FreeNAS 9.2.1.9 アップデート情報

2014/11/19 FreeNAS 9.2.1.9 アップデートされました。

バグFIXは以下の通りです。

・Fix a bug preventing Directory Server mode from working.
・Fix a memory leak in ZFS that is triggered by having a compressed dataset and an L2ARC device.
・Preserve the Samba SID across reboots and upgrades.
・Fix two problems in the config file generator for CTL:
Unbreak device extents when using physical devices or multi path devices.
Unbreak the case when target auth or discover auth is set to Auto.
・Fix a priviledge escalation issue.
・Save debug now includes the output of zpool history.

もう少しで9.3にアップデートされそうです。

FreeNASのZABBIX自動起動方法

多くの人はFreeNASのブートをUSBで行っていると思います。
通常、起動するとすべて初期化されインストールされたZABBIXは再度インストールしなくてはいけません。

再起動毎に再インストールするのはさすがに面倒なので、自動起動できないか調査した。
するとNAS4FreeでZABBIXを入れている方がいました。それを参考にしてます。
http://www.slideshare.net/YoshihitoHorigome/nas4-freezabbix-agent

zabbix2.shファイルを作成する。

#!/bin/sh

# Valiable
ZBX_CONF=/usr/local/etc/zabbix2/zabbix_agentd.conf
ZBX_RC=/usr/local/etc/rc.d
ZABBIX_SERVER_IP=$(LANG=C /sbin/ifconfig | grep 'inet addr' | grep -v 127.0.0.1 | awk '{print $2;}' | cut -d: -f2)
SERVER_NAME=`hostname`

# add Zabbix-agent
/usr/sbin/pkg_add -r zabbix2-agent

# copy configure
/bin/cp ${ZBX_CONF}.sample ${ZBX_CONF}

# Value reWritable
sed -i '' -e 's/Server=127.0.0.1/Server='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF}
sed -i '' -e 's/ServerActive=127.0.0.1/ServerActive='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF}
sed -i '' -e 's/Hostname=Zabbix\ server/Hostname='${SERVER_NAME}'/' ${ZBX_CONF}
sed -i '' -e 's/\#\ EnableRemoteCommands=0/EnableRemoteCommands=1/' ${ZBX_CONF}

# auto start config
echo "zabbix_agentd_enable=\"YES\"" >> /etc/rc.conf

# Zabbix agent start
${ZBX_RC}/zabbix_agentd start

ZABBIX_SERVER_IPは固定にしたほうがいいかもしれません。

ZABBIX_SERVER_IP=192.168.1.1

ではこのファイルどこに置けばいいのか?
そこまでは記載されていなかったので、いろいろ調べた結果。

# mount -uw /
# cd /conf/base/etc/rc.d
# vi zabbix2
編集する。(zabbix2.shと同じ)

# chmod 755 ./zabbix2
# mount -ur /

しかしこれではうまくいかない。起動時USBメモリはread onlyの為、書き込みができない。
その為、fstabのルートをrwにする必要がある。

# vi /conf/base/etc/fstab

/dev/ufs/FreeNASs1a / ufs ro 1 1  #変更前

/dev/ufs/FreeNASs1a / ufs rw 1 1  #変更後

これで再起動すると問題なく起動されるのを確認する。

# ps ax | grep zabbix
3912 ??  I      0:00.00 zabbix_agentd: main process (zabbix_agentd)
3914 ??  S      0:00.07 zabbix_agentd: collector [sleeping for 1 seconds] (zabbix_agentd)
3915 ??  S      0:00.06 zabbix_agentd: listener [waiting for connection] (zabbix_agentd)
3916 ??  S      0:00.07 zabbix_agentd: listener [waiting for connection] (zabbix_agentd)
3917 ??  S      0:00.06 zabbix_agentd: listener [waiting for connection] (zabbix_agentd)
3918 ??  S      0:00.03 zabbix_agentd: poller [sleeping for 1 second(s)] (zabbix_agentd)
4406  0  S+     0:00.00 grep zabbix

FreeNAS 9.2.1.8 アップデート情報

2014/9/29にFreeNAS 9.2.1.8へアップデートしました。
更新内容を見る限り、以前トラブルになったsamba関係はまだ対応されていないようです。

Bug #5751: AFP: unable to create folders after upgrade to 9.2.1.6
Bug #5808: Corrupted freenas filesystem
Bug #5820: Using the NONE cipher causes replication to erroneously report failure
Bug #5839: Need to break Windows and Mac sharing types apart
Bug #5897: Setting Active Directory User Permissions
Bug #5906: After permanently changing jails hostname, the PBI control server does not get started anymore.
Bug #5909: ahci.c does not list Marvell 88SS9183 flash memory controller
Bug #5919: Emulex driver version 10.0.664.0 causes Freenas to hang, update driver to 10.0.747.0
Bug #5927: Can’t change permissions on volumes when Active Directory integration is enabled
Bug #5983: LDAP connection assumes ldaps when using start_tls
Bug #6024: 32 bit buildworld failures
Bug #6026: 9.2.1-BRANCH has build issues
Bug #6043: CTL generation script may have stuff in it that depends on master database schema that can’t be backported
Bug #6052: Proposed patch to address a problem with autorepl.py
Bug #6067: Upgrading to FreeNAS 9.2.1.7 causes bad SSL cert creation
Bug #6089: Merge ZFS unmap improvements to TrueOS 9.2.1-BRANCH
Bug #6154: CIFS share with Unicode character: service won’t start
Bug #6199: Patch various bash vulnerabilities
Bug #6237: AD Service not working – AD Directory Services Control missing from webgui after GUI upgrade
Feature #5570: add some values to ctl.conf

ロードマップを見ると9.2.1.9も近いうちリリースされそうです。
Bug #6154: CIFS share with Unicode character: service won’t start
このバグで日本語のディレクトリ名を共有できませんでしたが、今回できるようになりました。(確認済み)