データベース別管理ツール

このサイトへのリンクはご自由にお貼りください。

データベースおすすめ無償有償
MariaDB/MySQL・A5:SQL Mk-2
・かねやんMySQLAdmin
・HeidiSQL
・phpMyAdmin(WEB)
・A5:SQL Mk-2
・かねやんMySQLAdmin
・MySQL Workbench
・HeidiSQL
・phpMyAdmin(WEB)
・Navicat for MySQL
PostgreSQL・A5:SQL Mk-2
・pgAdmin III
・A5:SQL Mk-2
・pgAdmin III
・phpPgAdmin(WEB)
・PostgreSQL Studio
・Webmin(WEB)
・PowerGres Plus
・Navicat for PostgreSQL
・SQLMaestro
・Database Master
SQLite・SQLite Administrator
・PupSQLite
・SQLite Administrator
・SQLite Manager
・SQLite Database Browser
・Sqliteman
・PupSQLite
・Navicat for SQLite
・SQLite Expert Professional

pgAdmin IIIのインストール方法

SoftEther VPN Bridgeのバージョンアップ

最新版ソフトウェアのダウンロード

# wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v4.21-9613-beta-2016.04.24-tree/Linux/SoftEther_VPN_Bridge/32bit_-_Intel_x86/softether-vpnbridge-v4.21-9613-beta-2016.04.24-linux-x86-32bit.tar.gz
jp.softether-download.com (jp.softether-download.com) をDNSに問いあわせています... 130.158.75.49
jp.softether-download.com (jp.softether-download.com)|130.158.75.49|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 5549371 (5.3M) [application/x-gzip]
`softether-vpnbridge-v4.21-9613-beta-2016.04.24-linux-x86-32bit.tar.gz' に保存中

100%[======================================>] 5,549,371   3.27M/s 時間 1.6s

2016-07-16 00:38:39 (3.27 MB/s) - `softether-vpnbridge-v4.21-9613-beta-2016.04.24-linux-x86-32bit.tar.gz' へ保存完了 [5549371/5549371]

最新版ソフトウェアの上書き

# tar xzvf softether-vpnbridge-v4.21-9613-beta-2016.04.24-linux-x86-32bit.tar.gz -C /usr/local
vpnbridge/
vpnbridge/Makefile
vpnbridge/.install.sh
vpnbridge/ReadMeFirst_License.txt
vpnbridge/Authors.txt
vpnbridge/ReadMeFirst_Important_Notices_ja.txt
vpnbridge/ReadMeFirst_Important_Notices_en.txt
vpnbridge/ReadMeFirst_Important_Notices_cn.txt
vpnbridge/code/
vpnbridge/code/vpnbridge.a
vpnbridge/code/vpncmd.a
vpnbridge/lib/
vpnbridge/lib/libcharset.a
vpnbridge/lib/libcrypto.a
vpnbridge/lib/libedit.a
vpnbridge/lib/libiconv.a
vpnbridge/lib/libintelaes.a
vpnbridge/lib/libncurses.a
vpnbridge/lib/libssl.a
vpnbridge/lib/libz.a
vpnbridge/lib/License.txt
vpnbridge/hamcore.se2

最新版ソフトウェアのmake

# cd /usr/local/vpnbridge
# make

VPN Tools を起動しました。HELP と入力すると、使用できるコマンド一覧が表示できま す。

VPN Tools>Check
Check コマンド - SoftEther VPN の動作が可能かどうかチェックする
---------------------------------------------------
SoftEther VPN 動作環境チェックツール

Copyright (c) SoftEther VPN Project.
All Rights Reserved.

この動作環境チェックツールを実行したシステムがテストに合格した場合は、SoftEther VPN ソフトウェアが動作する可能性が高いです。チェックにはしばらく時間がかかる場合があります。そのままお待ちください...

'カーネル系' のチェック中...
              [合格] ○
'メモリ操作系' のチェック中...
              [合格] ○
'ANSI / Unicode 文字列処理系' のチェック中...
              [合格] ○
'ファイルシステム' のチェック中...
              [合格] ○
'スレッド処理システム' のチェック中...
              [合格] ○
'ネットワークシステム' のチェック中...
              [合格] ○

すべてのチェックに合格しました。このシステム上で SoftEther VPN Server / Bridge  が正しく動作する可能性が高いと思われます。

コマンドは正常に終了しました。

ソフトウェアの再起動

# /etc/init.d/vpnbridge restart

FreeNAS HDDのscrubでエラー発生

scrub完了時にエラーメールが来ました。
確認したら、”errors: No known data errors”とメッセージがあったので、問題はないと思います。

Checking status of zfs pools:
NAME     SIZE  ALLOC   FREE    CAP  DEDUP  HEALTH  ALTROOT
test01  8.12T  4.19T  3.94T    51%  1.00x  ONLINE  /mnt

  pool: test01
 state: ONLINE
status: One or more devices has experienced an unrecoverable error.  An
        attempt was made to correct the error.  Applications are unaffected.
action: Determine if the device needs to be replaced, and clear the errors
        using 'zpool clear' or replace the device with 'zpool replace'.
   see: http://illumos.org/msg/ZFS-8000-9P
  scan: resilvered 60K in 0h0m with 0 errors on Sun May 15 00:00:12 2016
config:

        NAME                                            STATE     READ WRITE CKSUM
        test01                                          ONLINE       0     0     0
          raidz1-0                                      ONLINE       0     0     0
            gptid/faf832e4-a8fc-11e3-9d39-485b3982c76e  ONLINE       0     0     0
            gptid/fb764734-a8fc-11e3-9d39-485b3982c76e  ONLINE       3     2     0
            gptid/fbf5d5d7-a8fc-11e3-9d39-485b3982c76e  ONLINE       0     0     0
        logs
          ada2p1                                        ONLINE       0     0     0
        cache
          ada2p2                                        ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

とりあえず下のコマンドでクリアしてます。

# zpool clear test01

FreeNAS USBメモリ故障(起動用)

先日USBメモリが故障して、FreeNASが起動しなくなりました。
このような事が発生することはわかっていたので、バックアップ用のUSBメモリを作成しており、それを刺せば起動して通常通りになりました。

このような事故を起こさないように、バックアップのUSBメモリをちゃんと用意することをお勧めします。

FreeNAS-9.2.0 bsnmpdが異常終了

ZABBIXエージェントが使えない為、監視するためにはSNMPを使うしかなくなった。
そこでSNMPを有効にした。ZABBIXからもすんなりと監視できたのだが、途中でSNMPが動かなくなった。
TELNETでデーモンを見ていると、異常終了しているようだ。

# ps ax | grep snmp
91366  0  S+        0:00.00 grep snmp

Web UIからのbsnmpd起動とコンソールからの起動では違っているようで、とりあえずコンソールから起動して監視してみた。

# /etc/rc.d/bsnmpd start

これで異常終了しなくなればいいのだが…

FreeNASのZABBIXのpkg_addがうまく動作しない

FreeNASで自動起動しているZABBIXがどうも動作しない。
再起動したときにインターネットからダウンロードできないようだ。
手動で確認したら以下のメッセージで中断されました。

# /usr/sbin/pkg_add -r zabbix2-agent
Error: Unable to get ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.2-release/Latest/zabbix2-agent.tbz: File unavailable (e.g., file not found, no access)
pkg_add: unable to fetch 'ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.2-release/Latest/zabbix2-agent.tbz' by URL

portsからうまくダウンロードできないようです。

TH692 WIFIのmjpeg取得する方法

TH692 WIFIではrtspのみ対応かと思いましたが、mjpegも取得することが可能のようです。
snapshotを利用してjpegをストリームするようです。

http:///cgi-bin/hi3510/snap.cgi?&-getstream

但し、IP391W HDも同様にできるのかと思ったのですが、こちらは非対応のようでした。

http:///cgi-bin/hi3510/snap.cgi

画像保存されたディレクトリを取得して、それをコピーする形でjpegを取得することは可能です。

TENVIS IP391W HDをVLCで録画する

VLCは動画を変換するのにとても簡単です。
当初ffmpegで変換する予定でしたが、うまく動作しないケースがありました。
そこでvlcのコマンドライン版clvcを使うことで、簡単になりました。

1時間を録画するシェルスクリプトです。

#!/bin/bash
NowDateTime=`date '+%Y%m%d%H'`
cvlc rtsp://192.168.1.1:554/11 --run-time 3600 --sout=file/ps:/tmp/motion/${NowDateTime}.avi vlc://quit &

–run-timeは3600=1時間になります。
最後にvlc://quitをつけないと、プロセスがずっと残ってしまいます。注意しましょう。

TENVIS IP391W HDをVLCコマンドラインでmjpegストリーミング配信

TENVIS IP391W HDを購入して、いろいろ触ってみました。
MJPEGがあるのかと思ったのですがなかった為、VLCで簡単にストリーミング配信を行ってみました。

この製品はRTSPは対応していたので、それを利用しました。RTSPをMJPEGに変換するコマンドは以下の通りです。

$ cvlc -vvv rtsp://192.168.1.1:554/11 --sout="#transcode{acodec=none,vcodec=mjpg,vb=1024}:duplicate{dst=std{access=http{mime=multipart/x-mixed-replace;boundary=--7b3cc56e5f51db803f790dad720ed50a},mux=mpjpeg,dst=0.0.0.0:8081},dst=nodisplay}" >/dev/null 2>&1 &

LinuxのVLCはrootでは起動できないので一般ユーザで起動します。

但し、CPUが高く実用的でな内容です。コマンドの改善が必要です。

motionのMJPEGストリーミングについて

motionのストリーミングはFireFoxのみ対応のようです。
そのほかのブラウザをつかうと正しく表示されません。これではとても困ります。
その解決方法として、HTML5で表示する方法です。

<script language="JavaScript">
window.setInterval("refreshCanvas()", 5000); //5秒間隔で更新

var id = document.getElementById('idCanvas').getContext('2d');
var img = new Image();
img.src = "http://192.168.1.1:8081/"; //motionのアドレス

function refreshCanvas(){
	id.drawImage(img, 0, 0,1280,720);
};
</script>

<canvas id='idCanvas' width=1280 height=720 style='border:1px solid #d3d3d3'>

このHTMLをサーバに置いて、アクセスすればHTML5対応のブラウザであれば対応といなります。